ホーム > 介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事

やり甲斐のある仕事

介護福祉士は、厚生労働省の下に置かれた国家資格です。主な仕事は、身体的・精神的な面において日常生活を営む事に支障を有する人の生活面をサポートし適切な介護をします。主な活動場所は、特別養護老人ホーム、身体障害者施設、精神障害者施設など日常生活面で介護を有する人達の居る施設です。

一般的には、医療、看護、リハビリテーションとの連携が必須という場所がほとんどですが介護福祉士は、医療、看護の仕事はせず一環して「介護職」を貫きます。以前は、社会福祉士、介護福祉士、ヘルパーの境界線が定かでは無く、大学や専門学校で社会福祉を学んだ人がそれぞれのポジションで働いていましたが1987年に国家資格制度が導入されてからは、その分野を専門的に行う様になりました。

それぞれの人のニーズにあった日常生活における生活上での障害を緩和させる事が目的でその人の手や足、目や口、もしくは心となり親身になって活動するとてもやり甲斐のある仕事です。