ホーム > 保健士の仕事

保健士の仕事

公衆衛生の増進

保健士は、厚生労働省が定めた保健師助産師看護師法の下に置かれた国家資格で専門の教育を受けた者が国家試験を取得し、地域や公共機関で健康教育と保健指導などを行い公衆衛生の増進を図る地域看護の専門家を言います。

保健士と呼ばれ前は「保健婦」と言われていましたが法律が変わり、女性だけの資格では無い事から「保健師」と言う様になりました。保健師の主な職場は、地域の保健所や市町村の保険センターが多いです。保健所保健師は、様々な疾病および障害者、難病患者、結核やエイズ患者への保険指導とサービスの提供と流行している疾病(インフルエンザなど)に対する危機管理など公益的な対応が主となっています。

また、市町村看護師の仕事は、乳幼児や妊婦、高齢者や障害者などの幅広い年齢層の人への公衆衛生上な指導から配慮等、また最近では精神障害者に加えて幼児虐待予防や男女共同参画、女性へのDV被害など様々な健康面においてのメンタルヘルス指導の育成をはかる事が主な仕事となっています。人々の日常生活において欠かす事のできない健康管理を促進するために精進する保健師は、とてもやり甲斐のある仕事だと思います。