ホーム > 作業療法士の仕事

作業療法士の仕事

機能回復訓練を指導

作業療法士は、厚生労働省の定めた国家資格を有する、リハビリテーションを行う際に様々な作業を用いた機能回復訓練を指導する医療従事者です。日常生活において身体的、精神的な部分における苦手な項目を少しでも向上させるための機能回復訓練を行うに当たり、「作業」を導入しますがその際に指導、助言をするのが作業療法士です。

それぞれの患者に対し、訓練を行うに時のプログラム、カリキュラムを組む事も仕事の一つに組み込まれています。作業療法士は、一般的に言う「リハビリを利用しての回復訓練」も実行しますが意味合い的には「日常生活の中で行う全ての作業が訓練に結びつく様に指導をする」という事が大切な仕事の一つです。家事によって指先の動きを回復させる、買い物によって外出をし外部との接触を回復させる等、暮らしの中の環境をも「機能回復訓練」に持って行く事を目的とした仕事をしています。

手指訓練の指導をする機会が多いため「手芸、工芸」を通した回復訓練をする人だと思われていますがそれも含めて「全ての作業」を用いた訓練指導をする人を作業療法士と呼んでいます。