ホーム > 理学療法士の仕事

理学療法士の仕事

リハビリテーション

理学療法士は、医療従事者のひとつでリハビリテーションに携わる専門家です。厚生労働省の下にあり専門知識を学んでから国家試験を受けて職場へ出ます。日常生活における機能回復訓練を行うに当たり、理学を用いたリハビリテーションのサービスを提供するのが主な仕事です。

このサービスは、機能が低下した高齢者、事故などによる障害を負った人に向けられるものが大半です。また、生まれ持った障害を年相応の機能に向上させるために行われる場合もあります。一般的に用いられるのは、電気刺激、温熱寒冷刺激、水、マッサージなどの物理的手段を用いた物理療法です。

この物理療法と作業を通じて回復を促す作業療法、言語聴覚療法の三セットを提供する病院をリハビリテーション病院と呼んでいます。理学療法士は、特別支援学校と呼ばれる身体的、精神的な障害を持った子供の通う養護学校にも配置されており、そのため理学療法士になると特別支援学校で教員として働く事もあるので臨時教員免許状を取得することができます。