ホーム > 歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事

歯医者さんに行くと、歯科医師の助手について吸引を行ったり、歯のブラッシングの指導をしたり、虫歯予防のためのフッ素塗布などを行ってくれる人がいます。
このような仕事を行っているのは歯科衛生士で、国家資格を有する医療のスペシャリストです。

専門学校や短期大学等で3年以上勉強し、国家試験に無事合格すると、免許が交付されます。
歯科衛生士の仕事としては、予防歯科・歯科診療の補助・保健指導などが挙げられます。

予防歯科では、虫歯や歯周病の予防のために、歯石の除去やフッ素塗布・口腔内のクリーニングなどを行い、異常があれば歯科医師と連携して治療につなげます。
歯科診療の補助については、治療中の患者さんのそばで歯科医師に必要物品を渡したり、記録を取ったりします。

また、場合によっては手術にも立ち会い、その補助にあたることもあります。
診療の補助については特に、一般病院の看護師をイメージするとわかりやすいかもしれません。

保健指導については、医療のプロとして、歯磨きなどのセルフケアの方法について指導したり、歯の健康について相談にのったりします。
ときには学校や高齢者施設などに出かけて行って、出張指導を行うこともあります。
歯科衛生士は子どもからお年寄りまで、幅広い年代の人たちの歯の健康について関わることのできる、やりがいのある仕事であるといえます。